« 赤頭巾 | トップページ | お探しの猫は。。。GERO猫ちゃん。 »

その瞬間まで幸せでいてください。

サクラ ちゃん。

今年の 1月 18日 に 『虹の橋のたもと』 に いってしまいました。

原因は、乳腺腫瘍から、肺に転移してしまっての肺癌でした。

最後の3週間 は、なにも 食べず やせ細ってしまってました。

抱っこすると、毎日毎日 どんどん 軽くなっていきました。

それでも、顔は、ほとんど変わらず べっぴんさん なままだったのが、よけいに哀しい。

獣医さんから 『肺に転移してしまってるので、もう、治ることはないですね』 と言われてから、

『最後の瞬間まで 幸せで、いてください。 できれば、苦しまずに、いつも 昼寝をしていたみたいに、すぅ~っと 眠るみたいにいってください。お願いします』

これが、願いでした。

なにも食べなくて、やせて もう、息をするのも、しんどそうで、それでも、一日1回 自分のトイレの場所まで、よろけながら 途中で、何度も休憩(なんて優しいものではないな) いや、倒れながら 行く姿をみて、ホントに、「苦しまないで、ホントにホントに、くるしまないで。できれば、最後の瞬間は、安らかに」と、そればかり思ってました。

でも、現実はそうではなかった。

最後の夜。

「さあ、さくちゃん ネンネしようね」 と、私の布団に抱っこしていって、横に、そっと寝かせました。

多分、この時、もう、目も見えていなかったのでしょうね。

顔を私のほうに向けて、(見えてない)目で 私を探すしぐさをするので

「さくちゃん お母さん ここにいるよ」って、頭をなでであげました。

しばらく、横でおとなしくしていたのですが、急によろけながら立ち上がって、布団からおりました。

布団から おりた とたんに、 どさっ とその場に倒れたと同時に、失禁。

初めての失禁でした。

お布団の上で、オシッコしちゃいけないと思って、がんばって おりたんでしょうね。

「ああ、いいよいいよ、オシッコしたかったんだね」と 声をかけて、とにかく、オシッコの溜まった場所から、動かしてやろうとすると、

もう、呼吸ができなかったのかな?

大きく口を一回 二回 開けて、一生懸命 息を吸い込もうとしてました。

でも、もう、息ができないくらい肺がダメになってたのでしょう。

なんとか、呼吸しようと、、その場で、もがきました。

もう、ホントに苦しそうで、この状態が続くのなら、私の手で、楽にさせてあげよう そう思って、すっと、さくちゃんの首に 手をまわしました。

猫の乳腺腫瘍の ブログでは、「半日 苦しみました」とかの 記事を読んでいたので、半日も、苦しませるのは、かわいそうで、そう思いました。

サクラの首に回した 手にチカラを入れようと、それでも、迷っていたその時、

「うぎゃ」 大きな声で、鳴いて、 私の 両手の中で、最後を迎えました。。

さくちゃん、いい子だから、お母さんに そんなこと をさせたくなかったのかな?

いつも、私の手の中で、眠るときとは、眠った瞬間、体重がかかって重くなるのに、この時は、すっ と軽くなりました。

魂が 行ったのかな?

「お母さん、さくちゃん ずっと 大好きだからね」

でも、この私の声がサクラに聞こえたかどうかは、わかりません。

それから、ずっと、このサクラの 最後の苦しそうな姿 と、 なにもしてあげられなかった 自分のことを考えると、ものすごく悲しくて苦しかったです。

いつも、頭の中には、この「苦しかった最後の姿」があって、ずっと苦しくて哀しかったんです。

で、今日、テレビのニュースで 被災されて、お母様を亡くされた男性のお話を見ました。

男性のお母様は、津波に流されて、ご遺体の損傷がひどかったらしいです。

「もう、みんな(津波で亡くなった方)、目を見開いているんですよ。くるしそうな表情でね。口の中 鼻の中 は、泥がイッパイ 詰まってて。 オフクロの写真が一枚もないので、その最後の姿が、オフクロに思えて、辛かった」

男性は、こうおっしゃってました。

そんな時、偶然、町内で撮った ビデオの中に、元気な頃のお母さんを見つけられたそうなんです。

男性は、その 元気なお母さんを見て

「ああ、これが、自分のオフクロなんだ。これからは、この(ビデオに写った)元気なオフクロを思い出すことにします」

「最後の姿は忘れてあげないと、かわいそうですよね。 なにより、おしゃれな オフクロだったから」

と。

この言葉が、もの凄く ありがたかったです。

そうですよね。

サクラの 苦しそうで、やせ細った 姿 ばかりを 思い出してあげるのは、かわいそうですよね。

あんなに、苦しそうで、歩くのも、立ち上がることさえも やっと の 状態 だったのに、 最後まで、キチンと、自分のトイレまで行って オシッコをして、粗相をしなかった サクラちゃん。

そうでした。

さくらちゃんは、きれいな べっぴんさんな お上品な レディ でした。

さくちゃん。 ごめんね。 最後、ちゃっと くるしませちゃったね。 でも、初めて、お母さんと、さくちゃんが会ってから、イッパイいっぱい、 可愛い お顔 も、 可愛い 声も 見せてくれたし、聞かせてくれたし。 イッパイ イッパイ 甘えてくれたよね。

これからは、お母さん、さくちゃんの かわいい ベッピンさんの お顔を思い出すことにするよ。

サクラ。

今どのあたりにいるのかな?

こっちには、はなちゃん っていう もの凄く やんちゃ な 女の子がいてくれてるよ。

はなちゃんを見てると、さくちゃん の子供の頃を思い出すよ。

でもね、お母さんが さくら のことを思い出してると、はなちゃん わかるのかな?

怒るんだよね。(笑)

それから、さくちゃんは 抱っこ 大好きだったけど、はなちゃんは、全然 抱っこさせてくれないのよ・・・

まあ、こんな感じで、過ごしてます。

さくちゃん ありがとうね。

ホントに、ホントに ありがとうね。

それから。

はなちゃん を プレゼント してくれた 主人に 心より、感謝です。

|

« 赤頭巾 | トップページ | お探しの猫は。。。GERO猫ちゃん。 »

アビシニアン」カテゴリの記事

コメント

大切な人を亡くす苦しみ、悲しみは皆同じです。サクラのことは忘れないよ

投稿: 主人 | 2011年4月22日 (金) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/51460504

この記事へのトラックバック一覧です: その瞬間まで幸せでいてください。:

« 赤頭巾 | トップページ | お探しの猫は。。。GERO猫ちゃん。 »