« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

強いっ!

私は、なぜか、「虫」に強い。

かまきり とか 蝉 とか 蟻 とか バッタ 蛾 蝶 をはじめ、

蜘蛛 蚕 ・・・それから、あの、黒くて、時折、飛んだりして、世の主婦たちを驚かせるヤツにも。。

だいたいの「女子」は、こういう ↑ ヤツらを見かけると、

「きゃぁ~~~」とか言って、逃げ惑う。

が、私は。

大丈夫!なんですよねえ。。

で、昨日、もの凄く、「空いた」電車に乗っておりました。

田舎を走る電車です。

蝉が車内に入ってきて、周りの女子は、きゃぁ~ と騒ぐ。

そのうち、蝉は、なにかに(自分から?)当たったのか?

床に仰向けに落ちて、足をもぞもぞさせはじめ。

で、また、それを見て、周りの女子は ぎゃぁ~ぎゃぁ~騒ぐ。

あんまり、うるさいので、私は、席を立ち、

仰向けに寝転がってる蝉の羽をつまみ、車外に放り投げました。。。

電車内は・・・「シーーーン」

あきらかに、「ひかれた」空気。

「ナンデヤねんっ」!!!

こういうときは。。。。

一緒に騒いだほうがいいのでしょうかねえ。。。。。

しかし。。

私の周りの女友達は、みな、こういう「虫」系は手でつまんで「ポイ」ってするんだけれどもねえ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

取り替える

暑いですねぇ~

本日は、「取替え」ました。

「なにを?」

家中のタオルを新品に。

・・・ウチの家は、まあ、なんというか、贈答文化の超~スパイラルなので、もらいものとかお返しとかの「タオル」が山のようにあるのです。

どれくらいあるかといえば、ダンボール一箱超え!くらい。

で、私、根が貧乏症なので、こういう「新しいタオル」は「何かのときのために」、大事に取っておく癖があるのです。

で、夏の空を、ぼぉ~っと見てて、ふと思った。

「?! 今からの人生で、『何かのとき』ってのは、どんなときなんだ?」

・・・そう、考えてみるに、『何かのとき』ってのは、あんまりない(と思う)。

・・・というか、今のペースでタオルを消費していっても、在庫(笑)+これからもらうであろう新品のタオル類を合計すると、

きっと!絶対!

「使いきれない!」

・・・であろうことが判明。

・・・ということで、本日は、家中のタオルを新品にいたしました。

フム。

なかなか気持ちのいいことでございます。

ただ、惜しむらくは・・・

この「新品のタオル」類、もらいもの、というだけあって、センスもなければかわいくもない。。

(この間、友人のおうちに行ったとき、そこんチの家中のタオルがかわいくて、「いいなぁ~」って言ってみると、帰りに、友人が、そのかわいらしいタオルを一枚くれました。世の中、欲しいものは欲しい、と言ってみることが肝心なんだと実感しきり。)

(↑ あの節はありがとう。まだ、使わずに、飾って(!)ありますが・・・笑)

そんなこんなで、ウチの家にあるタオル!なんですが。

中には、お返しの定番=白地に会社名(店舗名)のみ、というのもある。

が、まあよろしかろう。。

しかし、この「名前」!

さすがに 「○○神社」とか「○○寺」と印刷されてるものは・・・○○には、使いにくいよねえ。。(笑)

加えて、(やはり)今までの「もらい物」系の「食器」類!

これも、押入れの中に置いておいても、仕方がない。

(たとえば、これから嫁に行くような娘がいれば、まぁ~嫁入り道具として数のうち。ということもあるかもしれませんが、幸か不幸か、そういう娘もいない・・・笑)

ということで、これも、もう

「使ってしまおう!」と決めました。。

かくして、ウチの家は、にわか、新品だらけと。。。

ま、これはこれで、一種、爽快感 !があります。。

皆様も気が向かれたらどうぞ。。。

| | トラックバック (0)

近況

7月でございますね。

あぁ~梅雨で鬱陶しいねえ。

と思っていると、いつしか外には、札人的(←これ、間違いじゃあないですよ。笑。そのまま書くとね、いろいろ最近は、検索されてね、ややこしい。。)な太陽光線が降り注いでいるではありませんか!

夏がきましたねえ。

まあ、もう一回くらい大雨が降って、めでたく梅雨明け、となるのでしょうが。

ここから、二か月くらい夏です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近はねえ。

平野啓一郎の新刊「決壊」を読んでます。

彼(↑)のは、自慢じゃあないですが、いままで、「完読」したことがないっ!

いつも、あらすじとか書評とかに惹かれて購入はするものの。。。途中で、やめ、というか「お手上げ」になってしまっていたのです。

・・・が、この「決壊」はなんとか読了できそうです。

・・・というより、結構、おもしろい!

今まで、エンタメ系の作家のなかに、「純文学に到達したっ!」系の賛辞(?)を、いただいた方がいらっしゃいましたが、

この「決壊」は、

「純文学作家(と、いう括りはどうかと思いますが、そう!芥川賞作家!)が、エンタメを書くとこうなる! みたいな。。

とは言っても、そこは「平野啓一郎」ですから。。。

語る・語る・語る・・・なんですが。。

まあ、おもしろいです。

がっ!

笠井潔の「哲学者の密室」を超える?かどうか?というのは・・・

まだ、最後まで、読んでいないのでわかりません。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとは・・・

まあ、また気が向いたら。ということで。

暑さにお気をつけて。

熱中症にならないように。

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »