« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

G・W

今年の5月の連休は、ちょっと、イレギュラーで。

間になんとっ!!三日も「働ける日」があるではないですかっ!

まあ、今は、幸いなことに、「働いてない」ので、関係ない・・・っちゃあ関係ないんですが。(笑)

しかし、この時期、街がゆったりとして静かになるのが結構、好きです。

こういう、「人の気配が濃厚にある」場所で、「人がいない状態」というのが、もぉ~たまらなく好きなんで。

で、最近はなにをしているかというと、「音楽三昧」でございます。

まあ~例の「奥田民生」から始まって、そうだなぁ~ CD20枚くらいを、いろいろ「仕入れて」きて、それを「ヘビー・ローテーション」。

で、このCD20枚、というのは、たいへんなことなんで。

一枚がだいたい一時間としたもので。

と、なると、20枚を連続して聞いたとしても、(寝る時間を除いたり、外出の時間を除いたりすれば)一日では「聞ききれない」のですよね。

いや、好きで選んだ道(!)とはいえ、結構、たいへん。

しかし・・・

この「荒行」(!)のおかげで、ここ数年、ずっと思い続けていた「ン??なにかが違うような・・・」という 奇妙な感じが拭われてきたように思えます。

まあ、♪~左も右でも 同じかもしれん~ と、奥田民生も歌ってますので、「おんなじかもしれ」ませんが。

自分で、「??」という奇妙な感じが、結構、気持ち悪かったので、その「憑き物」を落とさなければ、ね。。

心地良い、宵に、脳内物質を出しまくりぃ~の。で、まあ、いいのではないかと。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ数年、まったく(と言っていいくらい)お酒を飲むことがなくなりました。

ので、「酔う」ということがない。

CD の中に、「TOKYO  LUXURY  LOUNGE」というのがあって、

まあ、このCDは、都会のバー(ベタですが、夜景が見えるような)で、かかってるような曲の寄せ集めなんですよね。

これを聴いていると、あの「酔う」という状態を思い出してしまいました。

私的には(意外でしょうが。笑)、お酒、自体は、好きではない。

好きではありませんが、飲みますし、飲めば飲める(笑)。

でも、なんというか、ものすごく、酒を飲んだあと、でも、なんというのかなぁ~、身体とか、精神の一部は、「酩酊」状態で、だらだらしてるのに、「脳」の一部だけが、妙に、「ハイ」な状態で。

そういう時に聴いた「音楽」というのが、もぉ~言葉では言い表せないほど

(← などという月並みな表現でお茶を濁さずに、ちゃんと、書けよ、と、一応、突っ込んでおきます。)

身に沁むのですよ。

こぉ~耳に入ってくる音が、普段より「細かいざる」を通して聞こえてくるような。

うぅ~ん。。。

違うなあ。。

ああ、いつもは、3倍速で、聞いてるとすれば、その時は、ちゃんと、一倍速で、聴いてるような感じでしょうか??

あの時の感じ。

あの、ある意味「精神が解き放たれた感じ」。

あんな状態で、書ければいいな。と。

で、さすがに、酒のチカラで、この状態というのは、無理。

(だって、たとえば、優にボトル一本強!くらい飲まないと、この状態は訪れてくれないんですもの。。カラダが餅魔変。←これ、変換がおもしろかったので、このままにしておこう!)

なので、ここは、音楽のチカラで、あの状態にならないかなぁ~などと、虫のいいことを考えたりする今日この頃。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうことで、今日もだらだら、書きましたっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、BBS に「いきものがかり」が良いって書きましたが。

やっぱり、この子ら、いいよ。

「ひなげし」もいいし、「ニセモノ」も鳥肌ものでした。

うぅ~ん。。

ラブ・サイケデリコ に昭和の味付けをしたような感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で「ポルノ」もええねぇ~。

♪~デッサン 1 がいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、いとうたかお もええ。

声、好きかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新世界より

「新世界より」   (貴志祐介)


長かった。。 ハード・カバー上下二冊。

ようやく読み終えました。


読み終わって、ポツリひとこと。

「これ・・・アニメで見たいわ。。もしくは、漫画で・・・」

↑ これ、褒め言葉でもあるのです。



時代設定は今から一千年後。

さぞかし、ハイテク時代かと思いきや。

結構、原始に戻ってる。

携帯電話もパソコンもない。

なぜに??


そう、人間は、「呪力」をものにしたのでした。。

この「呪力」で、いろんなことができるので、今さら(時代遅れな)「ハイテク」などは、必要ない、ということなんでしょう。


で、主人公の人間(?)は、とくに、目立つキャラでもないのですが。(幼馴染男女五人。まあ、お約束的に、ちょっとした恋心ありぃ~の、嫉妬ありぃ~の、で、ここだけ取れば、立派なライト・ノベル)



まあ、いろんな異類(と呼ばれる動物)が登場します。

ねこだまし  ばけねずみ  みのしろもどき  不浄猫  ・・・などなど。

で、ニセミノシロモドキ と呼ばれる 図書館。(まあ、これが、パソコンのデータ・ベースってことですかねえ)


ンで、悪鬼 とか 業魔 とか。


こういう「世界観」が非常にすばらしい、がゆえに、「ああ~アニメで見たい・・・」ということになってしまいます。

・・・というか、きっと。

世界に誇る「日本のアニメ」 最新のCGを駆使した、きれいなアニメ。

・・・に、知らず知らずに、慣らされてしまって。

もぉ~「脳」が、だらけてるんでしょうねえ。


「あのさ、こういうのはさあ。 もう想像するのシンドイんだよねえ。。アニメで見たほうがいいと思うよ・・・」

と、いう「脳」のつぶやきが聞こえてきそうでした。

たしかに、この話は、いろいろ「想像」しながら読まないといけないので、「しんどい」。(笑)


ねこだまし 。。。ってこんな感じ?

ばけねずみ・・・は、こういう感じ?

みのしろもどき・・・は、多分、こんな・・・などと。


なにより、携帯もパソコンもなく「呪力」で、いろんなことができる「世界」(!まさに「新世界」!!)を想像しぃ~の、で読まなくてはいけませんから。。

ああぁ~もしかしたら、年齢(!?)のせいで、想像力・創造力が衰えてきているのかもしれません。。

悲しい。。。


最後は、「悪鬼」 VS 「人間」 の 最終戦争?になるのですが。

読後は、全然悪くありません。



で、ラストの日付が

245年12月1日。

と、なっているところが、ちょっと意味シン?


「最終戦争」が終わってからの 245年 ということか?

それとも、もしかしたら、「今」から一千年後、の「今」はいったいいつの時代なんだろうか??

・・・と、ちょっと深読みしてしまいました。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現代の「神話」として、ぜひ、「アニメ」化していただきたく。。

(↑ って、多分、なるんだろうな。 モリミーの「夜は短し・・・」が、漫画になる時代ですもんね)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ンで、日本人が、「どうしてアニメ好き」か? ということは、

内田樹 先生が、おっしゃっておられます。

(ああ~「好き」というより、漫画を瞬時に理解できるか? ということかなあ?)

これは、「なるほど」と納得しました。。



まあ、興味ある方は、内田樹先生に。。。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥田民生  FANTASTIC OT9

Img_3162

↑ 購入した Tーシャツ と、パンフレット DVD

・・・ということで。

25日・金曜日。

758 センチュリー・ホール での ライブに行ってまいりました。

ここんとこ最近、ホントの「音楽」ライブというのには、行ってなくて。

( たとえば、演劇 とか みゆき様 夜会 だとか、は行ってたんですが・・・)

おまけに、まあ、「日本一 だらだらしたロッカー(!?)」の民生だし。

会場の雰囲気は、今どんな感じなんだろう?とか。

以前、758 で、まあ、アンコールもなく、本編が終わると、皆さん、「サッ!」と席を立たれる、引き際の良さ、とかの、トラウマ(?)みたいなのがありまして・・

ちょこっとだけ心配だったんですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長蛇の列に辛抱強く並び、まず、記念(?) T-シャツを購入。

で、ぎりぎりくらいに会場へと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

席は、(会場の)前後・左右、どちらからも「真ん中」! という絶好のポジション。

いいお席をゲットしてくれた「お松」に感謝。。(謝謝)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10分遅れで始まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっと!!

いきなりスタンディング!!!えっ!!

おまけに、ちょっと「大きすぎるんではないかえ?」ってくらいの大音量。

ところどころ音、割れてるし。。

(会場の音響がイマイチなんだろうなあ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、とにもかくにも、

皆さん、ノルノル。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでは、一人、座ってるわけにゃあ~いきまへん。。

がんばりました。

最後まで、スタンディングで。

おまけに、手を振り、頭の上で拍手をし、一緒に歌い!!

まあ、どれだけ、大声で歌っても、自分で自分の声が聞き取れないくらいの大音響でした。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪~鈴の雨

・・・ええねえ。。♪~最後は濡れていこう~~~~~~ うぅ~~ん。。いい。

♪~フロンティアのパイオニア

・・・ええねえ。。♪~雨の日が続いてそのあとは、いろいろ流れてたいてい晴れの日!

♪~無限の風

♪~明日はどうだ

で、♪~さすらい

ま、会場全部で大合唱!

♪~さすらいもしないで このまま死なねぇぞぉ~

こういうの、皆で歌ってると「まだまだ、この国、いけるよ」 とか思ってしまいましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、基本、私は「だらだら」系で、見かけをご存知の方は、こういうライブといえども、

跳んだり、はねたりしながら、一緒に歌ってる、なんて想像できないだろう・・・と思いますが。

こういう、ライブとかに行くとさあ。。

「楽しんであげる」(「あげる」という言い方は、「上から目線」(笑 ← わかりますね!)かもしれませんが)のが、これは、もぉ~「行ったもの」の「勤め」だと思うンですよね。(余裕を感じるねぇ~ ←これも、わかりますよね)

なので、「行く」までは私は、だらだら、言ってますが、「行って」しまえば、も~楽しみますよん!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、また、行きましょうね。。

待ち合わせた「金山」の駅。の感じ。

ちょっとだけ肌寒い風が吹いてた。

「今まで、ずっと幸せだったよ」

(そう、不幸な時はなかった。でもしんどかった時はいっぱいあった)

「私が、疲れたとき、私は『私』に癒してもらいたいと思う」

(私が『私』を癒すとき、言葉はいらないから。今まで、「言葉」に裏切られてきた。

もしかして、今、文章を書いているのは、「言葉」に対する復讐かも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、ことで。

今年の連休の幕開けでございました。

ライブの後遺症として。

耳が、変になった。。(ぐわ~んっていってる感じ。「あゆ」の気持ちがちょっとわかる)

腰が痛い。

膝が痛い。

(↑ 大部分が「縦ノリ」だったせい)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いろいろ。

横の「モアイ」(→)の「見返りつぶやき」(?)に ひとり 突っ込みを入れてしまう。。

モアイ:「夏がすぎてゆく」  ← まだ夏、来てないって。

モアイ:「遠くへいきたい」  ← えいろくすけ かっ。

モアイ:「とんでイスタンブール」  ← ♪恨まないのがルール

モアイ:「わし、しばらくたびにでるわ」 ← 仕事人の秀さんかえっ!

モアイ:「ひやしモアイはじめました」  ←  食べれるかあっ。

モアイ:「そのネクタイ似合いますね」  ←  ネクタイしてないって。

モアイ:「ごじゅっかいクリックでどこいくんやろ」 ← 月や、月。もうなんべんも行ったやろ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかん。。。

壊れてきたかもしれん。。。

寝よ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろいろ

快晴で無風。暖かで穏やかな絶好の行楽日和。

家の中におります。私。

ま、これはこれでぜいたく、っちゅうもんです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エッセイ(ふふ。。こっそり、書いてるんだよっ!!)を読んだヒトが、

「まるで、男が書いた文章にしか思えない。。原田宗則みたい」と。。

で、「ああ!! そうか!!」 と、納得しました。私。

ま、私は、見かけは「女性」なんですが。

多分、いろんな思考形態は「男性」なんだろう・・・と。

「男性」と言っても、「おっさん」です。

それも、「昭和のおっさん」。

今はやりの「ちょい悪おやじ」みたいな、カッコいい「平成のおっさん」ではなくて、

あくまで、「昭和のおっさん」。

なので、「エコ・バッグ」(マイ・バッグ?)を持ち歩くのが嫌い。

・・・これは、「昭和のおっさん」は、「傘を持ち歩かない」と同じカテゴリーですな。。

「降るか降らんかわからんような、雨のために、傘なんぞ持って歩けるかいっ! 降ったら?

濡れて行こう~やんけ。。 男子たるもの、雨に濡れるくらいでガタガタ言うなっ!」

・・・ってなことですな。。

たしかに、私。

傘を持って歩くの嫌いです。。(笑)

去年?一昨年かな?

女子友人二人と花見したとき、急ににわか雨が降ってきて。。

「うわ! 雨や・・・」 と言ったところ。。

折りたたみを持っていないのは私だけ。

残りの二人は、しっかり、持ってましたね。。

ポイント・カード が「貧乏臭い」と思うのも、

私を「昭和のおっさん」だと思っていただければ、納得できると、思います。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「集中できる時間」っていうのは、多分、人それぞれ、なんだろうな。

私が、一番「集中」できるのは、夜の9時から11時の間、二時間。

この二時間が、私のゴールデン・たいむ。ですね。

なにをするにつけ、この二時間が一番調子いい。。

で、いかに、この二時間を、有意義に使うか? なんですが。。

いかんせん。。

うとうとと眠るのも、この二時間が一番、気持ちいいのだから始末が悪い。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裁判員制度。

なんだか、「裁判員になると、犯罪現場の写真などを見なければいけない。悲惨な傷跡とか。。まあいろいろ。

・・・なので、それがあとあと、尾を引きかねない。

・・・ので、それを「ケア」するための専用の施設?機関?もできるらしい。。

しかし。。

そこまでして・・・裁判員制度って??

おまけに、ほとんどのヒトが「イヤ」がってる、というか、「気が乗らない」状態なのに。。

まあ、「国民の(新しい)義務」といわれれば、それまでなんですが。。

私的に、一番心配なのは「守秘義務」ですね。。

絶対に「他のひとに喋らない」

・・・これは、つらい。。

絶対、誰かに言いたくなるに決まってる。

そんな時、ここだけの話・・・って・・・

うわぁ~~~~あああ~~~自信がない。。

ンで、やっぱり、身近のヒトが、裁判員になったら、聞きたい。

うわぁ~~~!!!

絶対、ブログにアップするヤツとか出てきそう。。に思う。

ってことで、選ばれたくありません。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、いろんな「縁」があって、最高年齢80歳、ほとんど70代のおばあちゃん、という人たちのエッセイを読んでおります。

たしかに、文章とか上手ではない。

でも、全部、「心に沁みる」ンです。

思わず、泣きそうになることもある。

多分、この人たち、全然「上手に書いてやろう」とか「他人にほめられよう」とか思っていないからなんだろうな。

それにプラス、正直に言ってしまえば、このおばあちゃんたちは、「私のライバルではない」。。

・・・なので、私のほうが「素直」に読めるのかもしれません。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文章、っていうのは、きっと会話と同じで、もしかしたら、「その場限りでいい」ものなのかもしれないな、と思ったり。。

・・・で、ここで、70代のかた、って表現を使ったら、

「そんなん、おばあちゃんでいいのよ、なに、遠慮してんの??」と怒られた。

たしかに。。

私の中に、「おじいちゃん・おばあちゃん」って失礼かも。。ご本人、若いつもりだろうし・・

・・・なんていう若干「驕り」に似たなにかがあったはず。

だと反省。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の文章書くのに、自分が思った通りに書けばいいのにねえ。

なにを、気ぃ~使ってたんだ??

おじいちゃんだろうが、おばあちゃんだろうが、「私」がそう思えば、そう書いていいのにねえ。。

ヒトツ、ものすごい勉強。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はぁ~~~~

書いた。書いた。

書きなぐった!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、↑ 単なる「ひとりごと」なんで。。。

| | トラックバック (0)

地方の閉塞?

「シンセミア」 (阿部和重) 

ようやく読了。(って、ほんとは、何日か前なんだけどね。。)

まあ、これでもか・・・っ! と。

地方の閉塞がひたひたと。

一軒しかないレンタルビデオ店。

一軒しかないスナック。

一軒しかないパン屋。

一軒しかないラブ・ホテル。

で、一軒あるカジノ。などなど。

で、始末に悪いのが、こういう店の経営者が、繋がってる。

まあ、まさに、

「いつ、だれが、だれと、なにをしていたか」とか

個人の趣味嗜好とか。

交友関係とか。

「すべてお見通し」状態です。

ものすごい「閉塞感」

これが読み進めるうちに、ずんずんとさらにさらに進んで行き、

まあ、登場人物ほとんどが死んでしまい。。

Ooooooooooooop!!

ラストは、「さらなる凶兆」がほのめかされて終了。

後味の悪いことこの上なし。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒト昔前には、

「都会の群集の中の孤独」というのが、現代人の孤独、で、それを描くのが「文学」みたいな時代があったのに、今は、こういう「地方都市の閉塞」が、ひとつのテーマみたいになってきてるんですねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、ちょっと、この作品は手ごわかったなあ。。

おかげで、今月は、まだ二冊しか読めていない。。

おお~~一か月10冊ペースできていたのに。。

今月中、あと8冊はさすがに「無理」というものでしょう。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、今月のもう一冊は「秋の牢獄」(恒川光太郎)です。

こちらは、妖しい雰囲気で、それぞれに

「時間の結界から抜け出せない」人間たち、を描いた三つの短編。

北村薫の「リセット」「ターン」を、感傷的にリメイクしたような作品です。

文章と雰囲気は、なかなかのモンでしたが。

いろいろな、細部の「凝り」みたいなのは、やはり 北村薫の方が「上」ですね。。

あ、でもこのヒトの文章、好きです。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうことで。

あとは、

「新世界より」 (貴志祐介) が控えております。

こちらも、分厚い上下二巻。

今月は、三冊で終了かも??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

客にやさしく。。

雨の中、朝から近くのスーパーに買い物に行った。

(このスーパーは、大手の巨大スーパーではなくて、地元だけでチェーン展開してるような、まあ、中途半端な規模のスパーです)

なにを朝っぱらから・・・ということだが。

昨日は、私事、一日、遊んでいたため、買出しできなかった。。。っちゅうことです。

で、ウーロン茶のペット・ボトル2リットルを二本。

サントリー南アルプスの天然水2リットルを二本。

(あれっ? サントリーばっかりじゃあ??  まあ、偶然!)

サンキストのパイナップル・ジュース200mlを五本。

それから、レタスに、ざるそばに、豆腐に、私の昼食用にカップ麺・・・と。

まあ、結構な「重さ」ですわねえ。。

で、レジに並び、お金を支払い。

で、レジのおばさまが 近頃噂の「レジ袋」をくれました。

(ここまでは、まあよし)

・・・が!

このレジ袋が、二枚しかなかった。。

で、

「すいません。。もう一枚、いただけませんでしょうか??」と「丁寧に」頼んだ。。

普通は、

「ああ、はいはい」と。。。くれる。くれますよね、普通。

くれるはずですよね。

親切なレジ係りの人なら、「ああ、ごめんね」などと、悪くもないのにあやまってくれたりする。

ところが、このおばはん、あろうことか。

「えっ? 二枚じゃたりませんかっ!!」と、言いよった。

(↑ っ と !! で、おばはんの口調を想像してください)

「いえ、歩いて来てるので。すいません」と。

私は、一応、低姿勢で言いましたのですよ。

ほしたら!!

無言で、レジ袋を一枚、「くしゃくしゃ」にして、買い物籠に突っ込みよった!!

!!!!!!!

まったく!! おとなしい!美月さんに向かって、なにごと??

まあ、多分、このスーパーの朝礼かなにかで、

「温暖化が叫ばれてますしね、経費節減の意味もありますので、レジの皆さん、

レジ袋の節約、お願いしますね・・・」

などと、店長から言われているんだろうなあ。

しかし。。

「地球に優しく」するまえに、「客にも優しく」して欲しい・・・

レジ袋一枚で、お客を不快にさせてどうするんだ???

「雨の中、どうもありがとう。。二枚で足りますか?」

・・・ってなことが、言えないもんかねえ??

で、まあ、こんな風に「優しく」言ってもらえると、

「あああ、どうもありがとう。大丈夫と思うけど。。」

なんてことにならないでもない。。

まあさあ。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもね。。

2リットルのペット・ボトルが4本ですよ。。

一枚にこれ4本、入れると、持てますか??

持てても、帰り道に、破れる!可能性大!ですよねえ。

(まあ、これも経費節減の一環なんだろうが、この店のレジ袋は、超=薄い。ンで、前に、3本入れて、途中で、底が抜けたことがある。。)

おまけに、外は雨ですよ。。

どうよ??

じゃあ、このペット・ボトル4本を二本ずつ分けて入れたとしましょう。。

そうすると、一枚のレジ袋の中には、ペットボトル2本と、ざるそばとか、カップ麺とかが同居するわけですよ。

ざるそば、折れると、ダメでしょう??

カップ麺のカップが壊れると、カップ麺の意味がないでしょう??

そういうことが「想像」できないんだろうか???

まったく。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、これも今、ハヤリの「エコ・バッグ」とか持って行けばいいのかもしれませんが。。

まあ、私的には、これにも、疑問がある。

エコ・バッグで、レジ袋をもらわなかったら、じゃあ??

生ゴミはどうするんだ??

レジ袋は、生ゴミ入れとして、私は、立派に「再利用」させてもらってますが??

「エコ・バッグ」の皆さんは、生ゴミをどうしてらっしゃるのか??

あの、なんとかいう生ゴミ粉砕機?を皆さん、お持ちなんでしょうか?

それとも、また、生ゴミを入れる袋を買ってらっしゃるのか??

これが非常に疑問。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、「エコ・バッグ」。

個人的趣味ですが、どうも「貧乏臭く」て嫌いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なので、レジ袋一枚のことで、朝からイヤな気分になるくらいなら、

サッサと、「有料化」して欲しい。。。。

(↑ こういうヤツ(私のことです)に限って、有料化になったとたん、マイ・バッグとか持参するんだろうな。。。笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ころもがえ

桜も終わったことだし、と。

従来の、黒を基調にしたものから、

白と(なんと!)お花!!を基調にしたものに作り替え。

ふふふ。。

一瞬、「えっ?」と、戸惑うかも。。coldsweats01

まあ、さあ。。。

いつまで、飽きずにいられるか・・・

ってところですが。。

「カッコええけど、暗いねん・・・」

と、いう、ご意見も多かったので。。。

明るく!してみました。。

しかし。。

ちょっとまだ、部分部分、「そぐわない」ところも・・・

ま、それはそれ、でそのうち。。

さて!

これで、

心おきなく。。。

○○できます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の日と・・・

桜の季節も終わったので、ブログの模様替え。

ブログ・パーツの モアイ は、人気なので、そのまま飾っておくことに。。(笑)

本日は、 adobe を更新しろ、と。。

はいはい。。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はここまで。

パソコン起動。

スタート画面。

接続ツールを update しなさい。という命令画面が出る。

はいはい。

ダウンロード。

再起動。

スタート画面。にもどる。

富士通からのお知らせメールが点灯。

メールを開く。

windouws を update しなさい。という命令文書が表示される。

ハイ。

ハイ。

本来の仕事にたどり着く頃には、くたくた ですがな。。。。。。。

と、いうことで、本日は ここまで。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとまず。

I.E 7.0 にしてから、一瞬、早くなったんだけど。

最近、動作が以前より(6.0の時より)遅くなってた。

んで、久々に デフラグ。

ドライブC だけで一時間もかかってしまった!!

Img_3121

↑ ごらんのように、ちょっと、てか、だいぶ スッキリ。

実は、よく行くブログの方が、やってらしたのを見て、「そやそや。そろそろ」と。(笑)

Img_3123_2

↑ ドライブDのほうは、スカスカ。

結構、音楽とか、写真とか入ってるはずなんだけど。。

ま、そういうのって、たいしたことないのかも。。。

人間の身体も、こういうの、やってくれないかねえ。。

こぉ~お医者とかに行って、他人にやってもらうんじゃなくて、

自分で、自分を客観的に「これはこっちで、あれはそっちで・・・」って。

んで、記憶とかも、「あっ! これ、要らんね。。この部分増強」・・・とか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまで考えて、この間の日曜日、wowowでやってたドラマ「パンドラ」

を思い出した。

「癌の特効薬」!!

これがまさに、パンドラの箱、を開ける、ということ。

確かにねえ。。。

なかなか、おもしろかった。

最近のドラマでは「ハゲタカ」に次いで、おもしろそうな、予感。。

また、来週が楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、この作業を、見張ってる間、「シンセミア」を読んでおりました。

分厚い単行本、上下巻、150ページまで。

まだ、全貌は見えず。。。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、取り急ぎ(!!!???)

書きなぐり。。。(笑)

こういう文章は、「なんの足し」にもならないそうです。。

ははっ!!(爆!)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

加減

近所の公園で桜祭り。

(多分)(失礼)売れない(いや、失礼)まだ、<売れていない>芸人(漫才師?)二人組が、

一生懸命、まばらな観客(?)(多分)いや、休憩してるだけ ? に向かって、

大声を張り上げて(ホントに大声) 笑わせよう 笑わせよう としておりました。

「僕ら、パワフルで動き回る漫才ですから、もぉ~マイク要りませんわ。地声でいきます。

地声で・・・」

声、大きいよ。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ほれ、救援の飛行機や」

(どうやら、海難に遭って、無人島に二人、流れついた、という設定らしい)

「うわぁ! どうしたらええねん、声 届かへんわ」

「あほ、お前、こんなときは、火ぃや、火ぃ 火ぃ おこさんかいっ!」

「おっしゃ! 火ぃ やな・・」

(両手で、木切れを廻すしぐさ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ほれ! 」

「アホ、それ 竹トンボやないかっ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここで 爆笑! のはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しぃ~~~ん。。

決して、おもしろくないわけではない。。

んだが、いかんせん、「声」が大きすぎ。

受けない → 声張り上げる → うるさい(と、観客は思う) → 受けない →

もっと大声になる → うるさい(聞きたくない、と観客は思いだす) → どなる 

→ もぉ~ うるさいねんて・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聞き取りにくいほどの声 では もちろんダメで、

観客が、ほんの少し、ほんとにほんの少し、「耳を傾ける」程度の大きさの声 が、

ちょうど、いいのに。。。

まあ、でも、この「加減」ができれば、もう、「売れる」漫才 なわけで。。(笑)

この「加減」がねえ。。

難しい。

いくら、おもしろいものでも、おいしいものでも、

押し付けられる と 感じると、そこで、観客は「逃げ」の態勢に入り込んでしまうもの。

「小説」 では、読者は作者に「教えられている」と感じた瞬間に、興味がそがれる。

この「教えてあげる」ってゆうのは、私もよくやってしまう。。

どうも、語りすぎて、しまうときが多々。

で、相手に「ひかれる」。(笑)

難しい。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タケシ の映画 に惹かれるのは、「語らない」から?

語られていないから、観客は、一生懸命、「わかろう」としてしまう。

わかろうとする → 惹かれる 

ただ、この「語らない」加減が難しい。。

「大日本人」 は、語られなさすぎて、どこをどう「わかろう」とすればいいのか??

が、見えてこなかった。

→ ので、「後味が悪い」。

「ほら、ここ、ここ、ここ、語ってないでしょ? ここを 考えて・・・」と。

ある程度、その「場」に誘導してあげることも大切。

それも「加減」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お湯が、満杯の 湯船に浸かる。

自分の身体の体積分だけ、湯が、こぼれる。

肩まで、じっくり 身体を浴槽に沈めて、ぎりぎり お湯は浴槽の淵。

この時、お湯を自分の身体の方に、寄せるにはどうするか?

両手で、お湯を自分の身体のほうに寄せてみる。

↑ これはダメ。

一旦、お湯は自分のほうに向かってくるけれども、身体を通り越して、浴槽の外に、

流れ出てしまう。

正解。 ↓

両手で、優しく、緩く、お湯を、向こう側の浴槽の淵にあたるぐらいのちから加減で、

「トン」と、押しやる。

一旦、お湯は、自分とは反対側、向こう側に行ってしまう。

けれども、向こう側の浴槽の淵に当たって、今度は、ゆるゆる と、

さざ波のように、何度も何度も、自分の身体のほうに、寄せてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうことですかねえ???

一旦は、 放りだす。

この 放りだし加減。

ばぁ~~~~~と、放ると、行ったきりスズメになって、戻ってこない。

ちまっ としか放りだせないと、向こうの淵に当たらず、腰くだけになって、霧散。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうど良い 加減。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あっ、また、長い。。。

んまに、ええ加減にしとかなあきまへんで。。(笑)

ブログの読者の「忍耐」は800字まで、らしいよ。。いやホンマ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これも、一人ごと、なんで。

スルーしてくださいませね。。

スルー → 無視 ってことで。。  

無視 →  ここから先は、考えてください。。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大阪弁の事情

ブログ始めて三年。

はじめは、三行!書くのがやっとだった。

それを思えば、まあ、今は、考えたことが → 文章 に なるようにはなってきた。

で、ここで、問題。

普段の会話は大阪弁。

これは ところ変われど、大阪弁。

相手変われど、大阪弁。

不思議なことに、大阪の人はどこに住んでも大阪弁を通すのね。(笑)

当然、頭の中で考える思考も大阪弁(なんだろう)

で、大阪弁。

話言葉としては、(多分)テンポよくておもしろいんだろう。

が、

極端に「助詞」を省く。

背中かい(背中がかゆい)

どこ行く(どこに行く)

外出たら雨降ってて傘ない人ばっかりでコンビニ人いっぱいやった。(外に出たら雨が降っていて、傘がない人ばかりで、コンビニには人がいっぱいだった)

おまけに、大げさな擬音が多い。

だぁ~っと行く。

ばぁ~と食べる。

がぁ~って出て行く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加えて、語尾まで、ちゃんと喋らない。

(体言止めが多いねえ)

「今日、雪」

「昨日、晴れ」

「それ、私」

・・・・・・・などなど。。

なので、書き言葉になると、語尾がもたつく。

・・・なのだ。

・・・である。

・・・であった。

・・・だ。

・・・・・・・ああああああああああ!!!!!  語尾が・・・・・どうよ!!!???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうなんですよね。

頭の中から、文章にするスピードが早くなればなるほど、

大阪弁度が強烈になってくるんですよ。

最近、の、悩みは「結構」という言葉。

「あっこの店、結構、おいしかったわ」

「おいしいのに、結構安いねん」

この ↑ 結構 は、凄く という意味ではなくて「意外に」という意味が多くの割合を占めてるんですよね。

「あそこのお店、(思ってたより)おいしかった」

「おいいしいのに (思っていたより意外に)安い」

と。。

んで、まあ、相手が目の前にいるときの話言葉ならば、こういうちょっとした誤解(?)も、すぐに解けるのだろうけれども。

書き言葉で、とくに、長い小説なんかであると、こういうちょっとした読み違い(?)みたいなのが、積もり積もって・・・ってことになってしまう、ということに最近、気がついた。(笑)

そういえば、大阪出身の作家は、ほとんど、大阪弁で書いてるよねえ。

田辺聖子に宮本輝。

谷崎潤一郎。

町田康に(最近では)川上未映子。

前にも、言ったが、村上春樹は「関西弁から脱却するために、あの文体になった」とか。

「関西弁の思考のままだったら、小説は書けていなかった」とか。。

でも、エンタメ系では、あんまり、関係ないみたいで。

東野圭吾とか

でも、マキメ氏も悩んでいたな。。(万歩計の中で)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~ん。。。。。。。

大阪弁でない、でも、思考が、すみやかに変換される自分なりの「文体」っちゅうのを、作らんとあきませんな。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、行き詰まりの独り言です。。

スルーしてください。。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば。。。

ハタチのねえちゃんに 「ああ、あの <訛ってる>人」 と、評されたことがあったなあ。。

衝撃的だった。。。

そうか、私<が>訛ってるんかいなっ!!

ンなアホな!!!???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これって・・エイプリル・フール ネタ? 

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080401-OYT1T00456.htm

今日は、エイプリル・フールで、ネットでも、いろんなサイトがおもしろいことになってましたね。

私が気にいったのは、Yahoo! かな?

ページが、フラッシュして、インベーダーに侵略されてゆく。

そうして・・・

なつかしのインベーダー・ゲーム!!

(さあ、多分、今日中? 急ぎましょう!!)

最近、ゲーム好き??



ところで、右の モアイ 皆さん、挑戦されましたか?

モアイを連打すると、その回数に応じて、世界各地に飛んで行けるという。。(←これはホントです)

私は、エジプト と ニューヨークに行きましたよ。。

「ああぁ~~~イラッ~~~」としたとき、モアイを連打しましょう。。 ストレス発散。!!



ところで、 一番上のニュース。

これって。。。ホントなんだろうねえ、多分。

性犯罪者に、自分では取り外し不可能な GPS付きの腕輪をつけることを検討???

そんなこと・・・いいの??

みんなに、「私は、性犯罪者です」って、アピールしてるようなものなんじゃあ??

こういうことが拡大されていって、いろんな 犯罪者が、色とりどりの腕輪をつけてる。。

うっひょぉ~~ そんな 社会って、わたしゃあいやだよ~~。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »