« 夜の森 (しつこく。笑) | トップページ | セーフティーネット »

流星の絆

「流星の絆」 (東野圭吾)

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓い合った三兄妹。

「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」

14年後ー

彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

(↑ 本の帯より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうお話。

おもしろかったです。。

多分、こうなるんだろうなぁ~

多分、これが伏線なんだろうなぁ~

と、思いながら、

やっぱり。

えっ?

そうなん?

などと思いながら、おもしろく最後まで読めます。

ラスト、「白夜行」のような、やるせない思いは残りませんが。

登場人物全員の印象が、「悪くない」ようにつくられてます。

そのあたりが、読む人によっては、物足りないと、思われるかもしれませんが。

所詮は、小説、作り物の世界です。

これでいいのではないでしょうか??

読んでいる間、おもしろくて、読んだあとには 「長いいい夢」から醒めたような心地がします。

「すべての東野作品を超えた」と、これも帯には書かれてますが、

私は、やっぱり「百夜行」が最高!だと思います。。。

|

« 夜の森 (しつこく。笑) | トップページ | セーフティーネット »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/40524576

この記事へのトラックバック一覧です: 流星の絆:

« 夜の森 (しつこく。笑) | トップページ | セーフティーネット »