« 白蛇教異端審問 | トップページ | 乳と卵 »

チーム・バチスタの栄光

「チーム・バチスタの栄光」   (鳴海 尊)

ずっと長い間、本屋さんの店先に、大量に平積みになっているこの本。

「チーム・パチスロ」と思い込んでいて(笑)、素通りしてました。(笑)

(「パチンコの攻略本を小説にした??」 などと思っておりました。。)

でも、違った! 現役のお医者さんが書いた「医療ミステリー」だったんですね。。

本のタイトルはキチンと読みましょう・・・(笑)

で、やや遅れ気味なんですが。読んでみました。

「映画かドラマにすればおもしろいだろうに・・・」



・・・映画になって、先週の土曜日から公開されてるみたいですね。。(これも。。。遅いっ!)

で、今ちょっと 映画「チーム・バチスタの栄光」を見ていると、(この公式サイト、非常に遅いです。。)

主演が 阿部寛 と 竹内結子 になってる。。

「あれ? 小説では、男二人が活躍する展開なのに・・・」と。

なんだか、小説の中の語り手「田口」という人物が、映画では女性(=竹内結子)に変わってるみたいですねえ。

まあ、男二人よりは、男女のコンビのほうがいいのかな??

あとは、カッコいい、クールな(←陳腐な表現ですねぇ~笑)アメリカ帰りの外科医に吉川晃司、存在感ある看護師さんに野際陽子、などと、なかなか小説のイメージ通りの配役でした。



ストーリーは、現役のお医者さんでしか書けないシーンが満載でした。

手術室の中とか、大学病院内の権力争いとか。

でも、そういうシーンも押し付けがましくなくて、スラスラ読み進めることができました。

ちょっと、「手術中に殺人」をする、ということに至った犯人の動機が、今ヒトツ不十分。

「そんなことで???」と。。gawk

(↑ この部分、映画ではどんなふうになってるんだろう?)

それ以外は、おもしろかったですよぉ~。。

|

« 白蛇教異端審問 | トップページ | 乳と卵 »

読書」カテゴリの記事

コメント

「L]が見たいなと思っていたけどこれも面白そうですね。忘れてましたw
阿部ちゃんは大好きだけど吉川晃司は・・・と思ってたけど良さそう?^^
「L]はただのホラー映画だという評判だし、迷うわぁ~

ところで鬱々のスパイラルはまさしくあの通りでどこかで切り替えないと深みにハマってしまう訳ですが、味わってみるのも良いかもよ~
だって鬱々には名だたる文豪が揃ってるのよ(^^)v

投稿: ありす | 2008年2月13日 (水) 23時41分

そうそう!「L」も話題の映画ですよね。
「Death note」の時は、ここでも非常に盛り上がりました。(笑)

鬱々スパイラル。。
もう何回、廻っただろうか?(笑)

鬱々スパイラル=遊園地にありそうなネーミング!

螺旋を描きながら、下降していく。。。

きゃぁ~~乗りたくなっ!!(爆!)

投稿: 美月 | 2008年2月14日 (木) 22時11分

 「チーム・パチスロの」じゃなくて「チーム・バチスタの栄光」を観てきました。けっこう面白かったです。
 私は途中で犯人が分かって、その通りに進行していくので、つまらないと思っていたのですが、見事にラストでひっくり返されてしまいました。
 これ以上書くと、観る楽しみがなくなると思いますので、これで失礼します。
原作は読んでいないのですが、映画だけでもそこそこ楽しめましたよ!
 暇がありましたらぜひどうぞ・・・・!

投稿: 末永 | 2008年2月17日 (日) 22時55分

そうそう、確かに、最後にひっくりかえされますねえ。

そうか。。

映画もおもしろいのか。。

最近、原作いいのに、映画はコケル、っていうの、なくなりましたね。

見てみまぁす。。

投稿: 美月 | 2008年2月17日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/40100614

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタの栄光:

» チームバチスタ [Google検索キーワード急上昇]
「チーム・バチスタの栄光」は医学小説として、または推理小説として読む価値あり...「チーム・バチスタの栄光」は医学小説として、または推理小説として読む価値ありますか?公の場で、とある医師が事もあろうにネタばらしをしてしまいまして、読む気が失せています。(続...... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 14時41分

« 白蛇教異端審問 | トップページ | 乳と卵 »