« エスニック | トップページ | ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ! »

天帝のはしたなき果実

「天帝のはしたなき果実」   (古野まほろ 著)

第35回 メフィスト賞受賞作

新書版で817ページ。

京極夏彦か? と思ったくらいの「ぶ厚さ」・・・まず、その「量」に圧倒されてしまいます。。

お話は 90年代初頭の「日本帝国」

名門高校で連続する惨劇。

・・・となるとなにやらおどろおどろしい気がしますが、実際は吹奏楽部を舞台にした「青春群像劇」でございます。

「惨劇」の内容も動機もトリックもまあ、どうということはないのですが・・・(笑)

ちりばめられている「トリビア知識」がおもしろくて、ついつい読んでしまいます。。

「辻村深月」を大人にした感じ。。なのですが。やはり、「ませている」とはいえ、高校生立が主人公ではなぁ~・・・という気が。。

作者の経歴などは、あきらかにはされていませんでしたが、そこここのエピソードや、ユーミンや中島みゆきがでてくるところなんかで、そんなに若くはないのかと・・・(笑)

まあ、私は、冒頭の

「たとえば、中島みゆきの<二隻の舟>のようにそれは祈りだ>という一節だけで気に入ってしまいましたが・・・

まあ、普通。。。(笑)

|

« エスニック | トップページ | ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ! »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/14705645

この記事へのトラックバック一覧です: 天帝のはしたなき果実:

« エスニック | トップページ | ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ! »