« 今日は・・・ | トップページ | 美は乱丁(!)にあり »

四畳半神話大系

「四畳半神話大系」  (森見登美彦 著)

・・・四畳半恋ノ邪魔者 ・ 四畳半自虐的代理代理戦争 ・ 四畳半の甘い生活 ・ 八十日間四畳半一周  の 4編からなる、まあ~~くだらない(←限りない<愛>を込めて)お話です。(笑)

映画サークル「みそぎ」 ・ 「弟子求む」のチラシ ・ ソフトボールサークル「ほんわか」 ・秘密機関「福猫飯店」・・・を、それぞれ、上のタイトルにあてはめて・・・

パラレル・ワールド でございます。。

と、書けばなにやら、かっこいい感じがしないでもありませんが、なんのことはない、そう変わらない生活、ということです。。。

ま、若干18,9歳の男子大学生。天下の(?)京都大学生といえども、まあ、そう、人生の進捗に変わりはない。

ならば・・・

<無意味で楽しい毎日じゃないですか、何が不満なんですか?>・・・おっしゃるとおりごもっとも。。

しかし、大の大人(← まあ、いい年したおばはんが、とも言う)が、正月から、夢中になって、ところどころで、くすくす笑いながら、こういう小説を読んでいるというのも、どうかと思うが・・・ならば、強烈な「自己分析」が華々しく展開される私小説を読んで、「ふむ・・・・・」と腕組するのも・・・どうかと思う。

「どうかと思う」と、どちらにしても思うのならば、「無意味で楽しい毎日」を選択するのは、世の常、人の常。。

おもしろく読ませていただきました。。

「夜は短し歩けよ乙女」よりもこちらの「四畳半神話大系」のほうが「毒が強い」!!

作者の言葉を真似るなら、「四畳半一帯にいやらしい男汁が、ねちねちととりつく」小説?かな? と、書くと、いやらしく思えますが、そんなことはなくあくまで<アホらしい>小説でございます。

・・・考えてみれば、モリミーの世界にドップリ浸り、なまじ、普段の生活圏と小説世界が重なっていることから、京都の街中で、大学生らしき、小汚い(失礼)若者をみると、

「むむ? 下宿に「香織さん」を隠し持っているのでは???」

「おやおや、今から猫ラーメンでも食しに行かれるおつもりか?」

「おっと、今そこの河原で小津君らしき人影を・・・」

と考えてしまう今日この頃でございました。。

「海底二万海里」が読みたくなりました。。

愛すべき主人公にまた会う日を待ち焦がれつつ・・・

ひとまず、これで「モリミーワールド」に別れを告げる所存でございます。

この「モリミーワールド」・・・人生、いかに<まじめに>おちゃらけて過ごせるか?

という問いを投げかけているような・・・

(まあ、多分、作者はそんな問題提起なんて考えてないと思うし、私も、ンなことは考えて読みたくもない・・・が、まあ、世の中には「考えろ!」という人々もいらっしゃって、一応、考えてる振り、をする私は小心者・・・)

(あくまでも<まじめに>おちゃらける・・・です。どちらかが欠けてはいけません・・・)(笑)

「モリミーワールド」で心から笑える方、お友達になりましょう!!!(曝)

・・・「友達なんていらんわい」

・・・「ンなぁ~ 私なりの愛ですって」

・・・「そんな汚いもん、いらんわい」

くふふ・・・(^o^)/~~

|

« 今日は・・・ | トップページ | 美は乱丁(!)にあり »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/13452980

この記事へのトラックバック一覧です: 四畳半神話大系:

» 高岡早紀 愛ルケ 画像 動画 ニュース [高岡早紀 愛ルケ 画像 動画 ニュース]
高岡早紀 愛ルケ 画像 動画 ニュース [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 19時25分

« 今日は・・・ | トップページ | 美は乱丁(!)にあり »