« 読書など | トップページ | 夜は短し歩けよ乙女 »

鴨川ホルモー

「鴨川ホルモー」  (万城目 学  まきめ まなぶ 著)

いやいや、まったく、面白い!! 文句なしに面白い!!

本日の晩ごはんは、「寿司とうどん」で すませてしまおう、と、ずっと一日、読み続けてしまうほど、おもしろい。。

もりみー(森美登美彦)と同じ、京都大学の男子学生が、狭い京都の町で、狭く活動しながら、<妄想>にふける物語。

・・・でございます。

「青春小説」なんですが、まあ、くだらない、いや、おもしろい。

サークル活動(←これが問題の<ホルモー>)を通じて、友情あり、ほのかな恋心あり、ライバル出現あり、告白されるあり・・・で、おもしろく、時には涙しながら、主人公の学生生活が描かれているのですが・・・

この「中核」となる「ホルモー」とは???

むふふ・・・それは内緒。(^o^)

葵祭り(のアルバイト)・祇園祭・吉田神社・百万遍・木屋町・丸太町橋・岩倉・鴨川河原・三角デルタ・上賀茂神社・小汚い下宿・クーラーなし・メガネ取ると結構美人女子・・・・などなど。。

京都で「学生時代」を過ごした人が読むと、その情景だけで、うるうる涙がこみ上げてくること、間違いなし。

京大近くの喫茶店「おらんじゅ」なんて・・・まあぁ!!

京都産大に立命館に龍大・・・(ここに 同志社 が入っていないところが、この作品の<本質>を物語っているような・・・どうしてか?? それは、各校のカラーの問題かと思ったのですが・・・同志社はキリストぉ~~というのが理由かも??・・・)

まあ、しかし、「くだらん」とおっしゃるムキもあるかもしれませんが、私は非常におもしろかったですね。

で、「くだらん」のですが、そこはそう、著者はなんといっても、<天下の京都大学>ですからねえ。。

~~~~これが、「龍谷大学」で、伏見稲荷の長い石段とか「オレンジ・ハウス」のハンバーグ定食(←これが、ぜいたく。だったんだよなぁ~)とか「ロアール」のバナナ・ジュース(これも贅沢品でしたね、当時は・・・)とかなら、どうなんだろ?

お話になるのかな? ハンバーグとバナナ・ジュースは?だが、伏見稲荷・・・うぅ==ん、???????~~~~~余談でした。。

登場人物に「吉田の呂布」とか「諸葛孔明」VS「ちょう蝉」(ちょうせんのちょうは出ない・・・)とか、ちらちらと「教養」のごときものが見え隠れしてしまうのですが・・・

・・・が、主人公の敬愛する歌手は「まさし」!!!(←さだまさし!!)だとか、たいせつなたいせつな<儀式>の際の歌が。。。

あの、懐かしき

♪~ドライブウエイに春が来りゃ~  ぃえ~い ぃえ~い ぇいぇい~~

 ~プールサイドに夏が来りゃ~   ぃえ~い ぃえ~い ぇいぇい~~  ♪ 

「レナウン娘」のCMソングですから、まあ・・・

「いったい、この作者、いくつやねんっ!?」と 突っ込みをいれたくなってしまいますが。。(笑)

(1976年生まれです。。。)(笑)

ま、なににせよ、おもしろかった。。

今度の「葵祭り」が楽しみですねえ。

「そこの あ・な・た!」・・・なんて書かれたビラ、くれないかなぁ~~(^お^)¥

|

« 読書など | トップページ | 夜は短し歩けよ乙女 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/13346403

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川ホルモー:

« 読書など | トップページ | 夜は短し歩けよ乙女 »