« 犬神家の一族 | トップページ | 変わった本?「レッドブック ワルツの雨」 »

お正月気分

<正月の孤独やうやう送り出す七草粥の湯気の向かうに    漆原とみ子> ~山椿~

・・・という歌が7日の朝日新聞朝刊の「折々の歌」に載っておりました。

だいたい、そうですね、「お正月気分」というものは、今日(7日)くらいで終わってしまうものです。

昔、ちょうど今年のような暦で、お正月休みが妙に長かった年がありました。

そのときは、多分、まあ、いろいろな事情で、晦日・正月気分などを味わうこともなく、一人、誰に会うこともなく、家にこもって、たしか 「大地の歌」などを聴いて過ごしていたように思います。

♪~生は冥く 死も冥い~♪ 

そうだよな~などと思いながら、

「やれやれ、ようやく 明日から世界が動き出す。仕事だ、仕事だ、わぁ~いわい」などと、一人強がっていたときに、やはり「正月の孤独」な友人が訪ねてきて、

「さあ、そろそろ冬眠明けだねぇ~」と。

「そうだ! 今日は7日じゃないか! 七草粥など作ってみたり・・・」

と、二人で、まず、「七草」を調べ、

「でもさぁ~これ全部、集めるの無理」

「いやいや、どこかに絶対<七草粥セット>くらいは売ってるって・・・」

などと、言いながら、「七草粥の素」(←なんて、ものがあったかどうか、忘れてしまったが、なんだか、そういう、インスタント的なもの)を買ってきて、とにかく作り、二人ですすったことがありましたねえ~。

そのときの「七草粥」は、ただ、お塩の味のみで、ちっともおいしいものではなかったけれども、「あぁ~これで、正月の孤独、から開放される・・・」と。。

まま、この年になってみるといろんな「お正月」がございました。。

で、お正月気分のラスト。  ↓ ↓

Img_1251          Img_1254

今年も、また、いつか「思い出す」お正月になります。

それは絶対に。。

|

« 犬神家の一族 | トップページ | 変わった本?「レッドブック ワルツの雨」 »

美月暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/13378386

この記事へのトラックバック一覧です: お正月気分:

« 犬神家の一族 | トップページ | 変わった本?「レッドブック ワルツの雨」 »