« イルミネーション | トップページ | 忘年会でのお作法① »

「闇の底」

「闇の底」  薬丸 岳 著

江戸川乱歩賞「天使のナイフ」の作者の受賞第一作。

「男」という視点と二人の刑事、合計三人の視点が入れ替わり、語られていきます。
内容は、奈良をはじめ、全国で次々に起こっている「幼児、小児 誘拐殺人事件」。

おもしろく読めるのですが。。。
いかんせん・・・途中で「本当の犯人」がわかってしまいました。。
(多分、ほとんどの人がわかると思う・・・「わかる」ことも作者は折込済みなのでしょうが・・・)

まあ、「本当の犯人」がわかったところで、ラストにかけて、もう一度、お約束、みたいな「どんでん返し」(?)が待ち受けている 「筈」なので、いいのかな? と思ったのですが。。。

その「どんでん返し」が、少しお粗末。というか、推測できました。。。

・・・のが残念。。

どうなんだろ? まあ、こういうもんかな? というところ。。。

|

« イルミネーション | トップページ | 忘年会でのお作法① »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/13047691

この記事へのトラックバック一覧です: 「闇の底」:

« イルミネーション | トップページ | 忘年会でのお作法① »