« 嵐山 | トップページ | 秋が早い »

人形焼き

Img_0497


またまた「お土産」話。
東京土産の「人形焼」

今まで、数々の「人形焼」をいただきましたが、一度として「同じ人形焼」に出会ったことがありません。。

カステラに餡を挟み込んだだけの単純な(?)ものなので、「お味」的にはどこのものも、そうは変わらない。。

(餡はツブアンとコシアンの二種類。個人的には「こしあん」が好き。
どうも「ツブアン」は口の中で小豆の皮がガサガサする気がして・・・そして、カステラは薄いよりも分厚いのが好き。アンをカステラで包んだ・・・というよりは、カステラの中にアンを入れた・・・くらいがいいですね)
(←って、まあ、どうでもいいですよね、個人の嗜好は・・・)

・・・が、この「人形焼き」の「命」ともいうべき「人形の顔」!

七福神を模ったものあり、はやりのアニメの主人公あり、(ドラえもんがあったな・・)歌舞伎役者らしきものあり・・・
「顔」だけのもの「上半身」だけのもの「全身」もの。。

今までの「人形焼」は、どうでしょう・・・?
30? 40? 50? くらいはいただいたような・・・(「人形焼き好き!」を宣言しているので、皆さん、人形焼を買ってきてくださる・・ありがたや。。)

いったい東京には、いくつの「人形焼」が存在するのでしょうか??

今回、いただいたものは、「雷おこし本舗」のもので、狛犬(らしき)とか、お地蔵さん(らしき)とか・・・
「雷門」のロゴ入りとか・・・
これはこれで、新鮮でございました。。

この「人形焼」(・・・とよばれるまんじゅう)
大阪の四天王寺の参道で売られると、釣鐘のかたちになって、その名も「釣鐘まんじゅう」となります。。
味は一緒。

で、「雷おこし」も「いわおこし」となります。。


さて、次はどんな人形焼がやってくるでしょうか??

|

« 嵐山 | トップページ | 秋が早い »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

美月暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/11759587

この記事へのトラックバック一覧です: 人形焼き:

« 嵐山 | トップページ | 秋が早い »