« 帰郷 | トップページ | 栗の季節 »

冥王星

太陽系の惑星が8個になるそう。。

一番遠くの小さい小さい冥王星が「矮惑星」というものになって、惑星の立場から格落ち(?)するためだそう。。

そりゃ~~
質量なんか、地球とくらべても <1:0,0022>と小さいですし、直径も2300キロしかないくらいらしい(←つまり、月より小さい)・・・し、公転周期も248,54年なんていう途方も無い時間ですし・・・

でもでも、軌道が楕円形のために、何年間かだけ、(248,54年のうちの20年間だけ=最近では1979年~1999年)海王星より近くなって、「今は、水・金・地・火・木・土・天・冥・海だよね」・・・なんて覚えた記憶もあり。

~~考えてみれば248年の内の20年にめぐり合えるというのはたいへんなものなんだっ!!~~

なにより、地球から遠く遠く離れたところにある氷と氷結したメタンに覆われた「死の星」<冥王星>という言葉(PLUTOは冥界の王)、おまけにその衛星の名前がカロン!なんて、心惹かれるものがあったのにな。

別に、太陽系の惑星からはずされたとしても、冥王星はそこにあり続けるのだし、冥王星にとっては、惑星と呼ばれようが、矮惑星と呼ばれようが「知ったことじゃぁ~ないよ」ってことなんだろうけれども。。。

なんだか、寂しい思いですね。。

<文中の「お勉強の成果」は角川書店の「宇宙」という御本を参考にいたしましたっ!!>

|

« 帰郷 | トップページ | 栗の季節 »

美月暦」カテゴリの記事

コメント

ふーむ。冥王星ねぇ。これからはメイワク星とでもしますか。おっと、こんな書き込みもメイワクなんて言われなければいいのですが……。
 もっとも、その昔は「お前は太陽族」だなんて言われましたがね。いまじゃぁ、しがないタイカ族でござんす。あれ、何を書いてるんだか。(反省)

投稿: おチャッピー・パパ | 2006年8月24日 (木) 14時12分

私も今朝、「冥王星も余計なお世話じゃいって思ってるやろなあ、
人間の都合やもんなあ・・・」って話してたん。
それにしても、よくお勉強しましたね☆☆☆

投稿: お松 | 2006年8月24日 (木) 16時36分

ま、しかし、
「それでも冥王星は周っている」・・・・・・。

投稿: 美月 | 2006年8月24日 (木) 18時52分

冥王星はかなり話題になってますね。こちらでも。


ご来訪ありがとう御座いました。御覧頂いたように当方でも冥王星はネタにさせて頂きました。なんとなく、可愛い奴だと思いませんか?

投稿: たかおじさん | 2006年8月25日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176536/11574809

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星:

« 帰郷 | トップページ | 栗の季節 »